松の陰から

アクセスカウンタ

zoom RSS かぼちゃを埋葬

<<   作成日時 : 2013/07/23 20:03   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 0

前の記事の続きです。

アウビングの畑やその周辺の畑は毎年なにかの動物にやられるのですが、いろんな対策がされて一時期のような激害ではなくなっていました。

でも減ってきていた獣害に油断が出てきたのか、サルによる被害が今年は多くなっています。

私の畑も被害は少なめでしたが、今年すでにサルにやられていました。
それで収穫目前のカボチャを守るために先週金曜日に籠を被せに行ってきました。

で、昨日月曜日に畑に行ってみるとなにか様子がおかしい・・・。

道にカボチャの残骸が転がっていて、カボチャの葉っぱも踏まれて荒れていました。


やられた・・・・・・

被害は甚大でした。
籠を被せたのですが、籠の数が足らなかったのでほとんどのかぼちゃは無防備状態でした。

それで収穫目前のかぼちゃやメロンは無残な姿に・・・・
画像


まだまだ食べられない生育途中の青いメロンまでも・・・
画像


あちこちにちらばるカボチャの残骸などをあつめながら、こみ上げる怒りを冷静に打ち消しました。

画像


籠を被せたいくつかのかぼちゃは無事でしたが、籠を相当な力で取ってカボチャを奪われたものもありました。

白い皮のカボチャは「ユキノ」というもので、姪っ子のユキノが植えて楽しみにしていただけに余計に残念・・・。

サツマイモも掘られて食べられていましたし、ナスや万願寺までも・・・
画像


そんなにやられないだろうという根拠のない自信と、自然への油断が対策を甘くしてしまっていたからなのですが、やられたものは仕方ありません。

せっかく収穫目前だったのに残念ですが、お客さんに食べていただくこともできず土に還ることになったので畑に埋葬しました・・・。
画像


画像


画像


本音は銃でサルを撃ちたいほど。

でも怒ったって、捨て鉢になったって意味がありません。
この失敗の教訓を今後や来年に生かすようにし、地道に頑張るのが自分自身の成功への道です。

それで今日も畑にいって食べられずに残ったカボチャを収穫したり、草むしりや水遣りなど作業をしてきました。

今まで畑でも、里山の松茸や椎茸などどれだけ獣害にあったかわかりませんが、自然から受ける試練で打たれ強くなったので、いかに被害や試練を無駄にしないかが大事です。

そうすることで食べることができなくなって土に還した作物も意味があったというわけですし、被害に遭うことなく残った作物を使ったパンやピザ、またはそのままの野菜を食べてもらうお客さんにもより一層喜んでいただけると思っています。


ということでこれ以上の被害はさすがに困るので、まだ被害のなかった別の畑のカボチャやメロンを守るために充分とはいえないかもしれませんが、ネットを張って守りました。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 24
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス


マイリンク集

かぼちゃを埋葬 松の陰から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる