松の陰から

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏季休暇は炎天下の畑へ

<<   作成日時 : 2013/08/21 17:32   >>

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 0

今年の8月はいつも以上に暑い日が続いています。

アウビングも10日の三重オーガニックマーケット出店後11日から夏季休暇に入りようやく明日営業が再開です。

通常の定休日も含めてずいぶん長い休みなので優雅なものだと思われそうですが、11日からお盆の間ずっと畑や里山へ行っていました。

しかも今年のお盆はすごい暑さなので炎天下の作業は本当に過酷でした。

毎年お盆休みの間は、畑や里山に行って作業するのがもう何年も前からのことなのですが、今年はちょっと事情が加わりました。

昨年夏に農業のほぼ初心者なのですが、農業をやりたいという方のお願いを受けて私の畑の一部を無償で貸すことにし、他人さんの畑もお借りできるように回って一定の畑を用意しました。
それで、農業を始められたのは良かったのですが、知識がない上に働き者とはいえない有様で夏に向かって畑は一気に草が繁茂し、作物も当たり前ながら良い物ができずにやる気をなくしてしまい、借りた畑をそのまま放棄し放置されるということが夏季休暇直前にありました。

素直にいろんな方の知識やお力を平身低頭の姿勢でお借りしていたら今頃見事な畑になっていたと思うのですが、そうはされなかったためそういう結果になってしまったのです。


農業は自然を相手にする仕事ですので、周りの人だけでなく、自然に対する謙虚な気持ちや感謝の気持ちを持っていないとうまくいかない大変な仕事でもあるのですが、彼らの心に響かなかったのは残念でした。

やめることは自由なので、もっと後を濁さずにきれいに去っていかれればよかったのですが、今年の夏季休暇はその後始末を私たちが頑張ってやった、というそんな休暇でした。

長くなりますが休暇中の経過を書いていきたいと思います。

まずは、貸していた私の畑の整備から。
ここは先月には返してもらうことにしていたので草刈りをして耕していました。
でも一部まだ植えてある部分が残っていて、その草の塊と化した畝をきれいにすることから始めました。
画像


私の他に、親父と弟という里山や畑を整備し、アウビングの基礎を作った我が家の男三人衆がまずは動きました。
画像


画像


画像


画像


草を鎌で刈り、根まで抜き取っていきますが、炎天下なかなか大変です。
草だらけになって植えられた野菜も放置され、満足に手入れがされていない状況を見ると本当に腹が立ちましたが、誰かの顔を思い浮かべながら一生懸命作業していたら怒りもおさまり、楽しく作業ができました。

刈り取った草の山が次々とできていきます。

画像

画像


草に覆われて植えられていた野菜の大半はダメになっていましたが、救えそうなものは残しながら草を抜きます。
全部きれいにした後は、他の畑と一緒に周りを耕してきれいにできました!
画像



翌日は、アウビングの従業員がはじめて総出で畑作業です。

他人さんの畑も借りたのに、そのまま放置していったため、それらの畑も私が管理することになりました。
その分面積も広くなったので、それらをアウビング農園としてアウビングの従業員も参加しながら畑で作物を作ることにしました。
その第一日目として、耕した畑に種をまくまでの手順などを教えながら作業をし、姪っ子などアウビングの従業員の子供達も参加してくれました。

画像


画像


大人たちは放置されて草のジャングルとなっていた畑の草刈りに突入です!
画像


画像


画像


画像


画像


炎天下なので熱中症に気をつけながら頑張ってやりましたが、一日で終わるはずもなく、できるところまでやってアウビングの畑でシソやナス、万願寺とうがらしなどを収穫して二日目は終了です。

3日目、4日目、5日目は、私、親父、弟の男三人衆が草のジャングルをほぼ片付け、他の畑も一気にきれいにしました。
画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


こうして大量の草をひたすら刈り取っていくと、あちこちに草の山ができます。
画像


画像


モリゾーのような形の巨大な草の山がいくつもできました。
画像


あとは細かい部分の除草ですが、これもまた大変です。
画像


ていねいに除草するときれいになりました。
画像


6日目は里山に男三人衆が行って木を下ろす作業をやりましたが、連日の炎天下での畑作業の疲れもあってきつかったです。 いつも以上に丸太が重く感じます。
画像


画像


画像


7日目は再びアウビングの従業員が畑にでて、残った草の除草や剪定、水遣りなどの作業をしました。
画像


画像


アウビングの小豆畑の除草と水遣りです。

毎年私一人が小豆の栽培をしているのですが、今年はアウビングの女性陣の手も加わっているので小豆の出来や味も良い意味で違ってくるかもしれません。
パンやお菓子に使える日が楽しみです♪

画像


夕方には、三重県から強力な助っ人が突然手伝いに来てくれました。 「風雅」さん夫妻です。
画像


残っていた草だらけの放置された畑をアウビングのメンバーと一緒にきれいにしてくださいました。
画像


画像


8日目、9日目は私一人が行って水遣りや細かい作業を進めました。

こうして休暇中にすべての畑をきれいにすることが出来、アウビング農園としても心機一転で生まれ変わりました。

元はといえば親切心から素人同然の他人に畑を貸したのですが、結果としていろんな人に失望とご迷惑をおかけしてしまいました。

本当になんとかしてあげようと、自分の幸せも捨てて協力していたのですが、ここでは書けないものの恩を仇で返されるようなこともありました。

とはいえ面倒を見た自分が畑などの後片付けをするはずが家族、従業員、仲間といろんな方の協力でスムーズに片付けられ、きれいな畑に甦って今後いろんな野菜をみんなで植えられる楽しみができたのは本当にうれしいことです。

いろんな人に親切にすることは悪いことではないですが、世の中にはいろんな人がいるもの。
本当に大切にしなければいけない人をまずは大切にしていくようにして頑張りたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 19
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた


マイリンク集

夏季休暇は炎天下の畑へ 松の陰から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる