松の陰から

アクセスカウンタ

zoom RSS アウビング新店舗のこだわり

<<   作成日時 : 2013/05/20 22:22   >>

ナイス ブログ気持玉 49 / トラックバック 0 / コメント 14

オープン以来さらに時間が少なくなって更新もみなさんのブログを拝見するのもなかなかできていないのですが、書きたいことはたくさんたまる一方です。

今回は、アウビングの店舗を作った際の細かいこだわりの一部をご紹介したいと思います。

アウビングの店舗がオープンして一ヵ月半が経ちました。
早いです。
最初は工房を大きくして以前のように出店中心の営業にする予定でしたが、店舗部分を作ることになって、いざオープンしてみたら今まで知名度のなかったご近所のお客さんや、遠方から来てくださるお客さんも多く、リピーターのお客さんも思っていた以上に増加中なので本当にありがたく感謝しております。

とはいえもともとの計画になかった方向ですので、店舗部分をもう少し大きく設計したらよかったとも思っています。
でも新しくできた店ですので、この大きさでできる限り以上の良いサービスやパンなどの商品を提供していけるようにスタッフみんなで頑張ろうとやる気にあふれています(^^)

そんなアウビングの店舗を設計、建築してもらったのは地元の工務店です。   「西川工務店」さん

店を作るにあたって、アウビングのコンセプトや、私の考え方を大将と何度か話しして理解していただき、さらに畑も見てもらって共感くださり、私の描いた店の図や構想を元に仕事をしてもらったので、他社と競合させたり、値引きを求めることも一切せずにそのままお願いしました。

大手や有名な建築会社に依頼する方が、良い面もたくさんあるでしょうし、通常ならそうされると思いますが、私はできるだけ地域経済を考えても地元の個人店を利用したいという気持ちがあったので何の不安も、不満もありませんでした。

価格競争させるようなことには興味なく、私やアウビングの構想を理解してもらえる男気あるお店を重視しました。

画像


大工さんたちにも丁寧に仕事をしてもらい、石窯部屋付きの工房兼店舗というちょっと変わった物件をうまく作ってくださいました。
一部は自分も作業に参加したのでより愛着を持ってます。

店の正面ドアは、デザインは自分達で、地元の建具屋さんにお願いしました。
私が生まれる以前から親父のお客さんでもある建具屋さんです。
画像


画像


手作りで、無垢の木を使い、少し焼きを入れてもらってあります。 無垢ゆえに雨や日光で劣化しますが、それも味と考えて既製品ではなくオーダー品です。

画像


ノブはアウビング店長夫婦の選択です。

最初のデザインにはひさしはなかったのですが、ドアを無垢の木にしたことや、雨の日の来客を考えて後からつけてもらいました。
これも無垢の木を使ってもらいましたが、雨の日のお客さんを考えるともっと大きいものをつけてもらった方が良かったかもしれません。

画像


最初はオープンしている日しかアウビングの看板はなかったのですが、休みの日もアウビングと書かれた看板が必要と、急遽弟に看板を作ってもらいました。

板から切って組み立てて、字も塗装も仕事終わりの少ない時間での急造品ですが・・・。
画像


店舗内は、木を多用したものにしました。
アウビングは里山を整備することが原点ですし、薪を使ってパンを焼く店なので、木は象徴の一つでもあります。
外観は、象徴のもう一つ、石窯のレンガをイメージした外観ですが、店舗内は木で統一しました。

壁は、無垢の杉板です。本当は自分の里山にたくさんあるヒノキや杉を使いたかったのですが、店舗を思っていたより早くに作ったため、材料にするための木の伐採や乾燥ができていなかったので、四国産の杉板を使用しました。
外材ではなく国産材を使えたのでよかったです。
画像


ここに、以前記事にも書いた、ドイツの友人の贈り物であるドイツの鳥瞰図をかけています。
自分のコンセプトの一つ「ドイツ」をさりげなく表現できて、時には地図を見て第二の故郷を思い出せるのでお気に入りです。
画像


棚類は、弟がアウビングの里山から伐って人力で下ろし、製材した松の板を使って棚や椅子、机、トング置き台などを手作りしてくれました。
画像


画像


パンを並べるメインの棚は松の板をそのまま使い、脚は、祖父が植えたヒノキの間伐材を使用しました。

机などに使った松は、里山で一番大きい松だったし、祖父が残してきた木でした。私も後世に残すはずでしたが、松枯れが広がって弱っていたので、泣く泣く枯れる前に伐って使うことになった木です。

(この松を伐り、運び出した各記事は約5年半前のものですが こちら こちら  こちら こちら

伐ることにはなったのですが、父方の祖父の思いを無駄にしないで店に使えたのは良かったと思います。

脚のヒノキは母方の祖父の植えた木です。
私の両親それぞれの父(私の祖父たち)が守った木を偶然にもコラボした形になったのですが、今は亡き両祖父も苦笑いしているかもしれません。

画像


棚の一つは、ブログも書いておられる彩さん手作りの棚です。
画像


主にソフト系のパンを陳列している棚ですが、木工も趣味とされている器用な彩さんに頼んで作っていただきました。
彩さんの工房で製作途中の棚を畑帰りに見に行ったこともありました。
画像


画像


店舗と、工房の仕切りにしているドアは、また違う地元の建具屋さんの手作り品です。
画像


工房の方は広めに作ってあり、今後器具やスタッフの増員を考えてあります。

衛生面を考えた明るくきれいな工房にしました。
工房には特にこだわりというものはありませんが、設備はほとんど新品にしました。
コストを考えて中古品も検討しましたが、新築で新しい出発なので長く気持ちよく使えるように新しく設備を購入したのです。
画像


画像


画像


土間や基礎工事も地元の左官屋さんにお願いしました。

上下水道工事も地元の設備屋さんで、電気工事も親父の古いお客さんで事業所専門の業者さんにお願いしました。
良い仕事をして下さった上に、設備屋さんは偶然にも中学時代の同級生でした。
中学以来会ったことがなかったのですが、親切で、丁寧に仕事をしてくれて本当に助かりました。
画像


道具や材料、資材もできるだけ地元の業者さんから買っていますが、パンの材料など商社経由の場合もほとんどが地方の商社にお願いしています。

強い業者さんや都会の会社、大手の会社が嫌いなのではなく、ほんの少しでも応援できたらという意味で地方や個人店をできるだけ使うという私の考えです。もちろん商品の良いもので仕事や考え方が良いところを選んでいるのですけど(^^;

それから、アウビングの店には、アウビングの仲間の商品が少しですがおいてあります。
「風雅」さんの極上ごま油や、米油など
画像


「シオさんちの黄緑畑」さんの有機みかんジュースや人気のみかんジャム
画像


アウビングの農園の地に移り畑で野菜を作られ始めた「久我農園」さんの野菜
画像


アウビングの店長の手作り雑貨仲間の作家さんたちの雑貨も。
画像


BGMには「山田晋吾とマキノリョータ」さんの音楽など、アウビングに良いお付き合いしていただいている仲間の商品などが並んでいますし、場所の都合で限界がありますがこれからも増えそうです。

小さいお店ですが、細かいこだわりに富んだアウビングにお越しになって、くつろぎに、遊びに、お話しにぜひいらしてください!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 49
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
素敵なお店ですね!
ハッピー
2013/05/22 11:20
コリャ〜大仕事ですね。
毎日が気持ちの張り合いで膨れっぱなしでないですか?
それがまた素晴らしいですね。
Tatehiko
2013/05/22 14:13
ハッピーさんこんにちは!
ありがとうございます。
小さいお店ですがアウビングの一号店としても上出来ですのであとはどんどんよいパンやお菓子をつくってお客様に喜んでいただけるように頑張るのみです。
松の陰
2013/05/22 14:16
Tatehikoさんありがとうございます。
資金もたくさん投資したのですが、いまできる範囲で良いものになったのでその分スタッフ一同やる気に満ちあふれています(^-^)
松の陰
2013/05/22 14:23
おめでとうございます。さぞ、たいへんなことがあったことでしょう。
店づくりのプロの立場からは、いろいろ申し上げたいことがありますが、すでにオープンされたので、ひかえておきましょう。
成功をお祈りしています。地図を掲載しておいていただければ、いつかお寄りしたいと思います。
bt9
2013/05/22 14:51
bt9さんありがとうございます。
素人仕事の部分が多く、プロの店舗開発をされている方の目でなくとも改善点や不備もたくさんありますね。
その点も敢えて普通のパン屋ではないという言い訳で味として通しています。
今回のオープンで要改善点もたくさんあるので二号店の際の参考にしたいと思いますし、今の店も少しずつ進化させようと思っています。
ぜひbt9さんにもお越しいただいていろいろとご教授願いたいとおもいます。
地図などはHPに掲載しておりますのでお近くにお越しの際はぜひいらしてくださいね。
松の陰
2013/05/22 17:28
おはようございます。
オーナーの思いが詰まり、皆さんの協力を得て
開店できた事、おめでとうございます。

 私も、リビングに大きな一枚の板で作った
机を置くのが夢ですが、いまだ実現していません。
店の雰囲気いいですね。
お疲れの出ませんように。
はるわか
2013/05/25 08:57
はるわかさんありがとうございます。
やっと店の方も落ち着いてきてオープン時にはなかった商品や試みも始めました。
なかなか大変ではありますが楽しくも面白くもあります。
一枚板の机いいですよね。
早く実現しますといいですね。
松の陰
2013/05/26 11:52
祖父様たちが植えられた木が今建物や家具の一部となって、記念すべきアウビング1号館に据えられているとは、素晴らしいお話です。そこに置かれる里山からの薪で焼かれたパン。仲間の方々の生産物。全国でも珍しいユニークなパン屋さんと思います。
エフ・エム
2013/05/30 22:43
おひさしぶりです。
お店の開店おめでとうございます。
アウビングのパン、早く食べに行きたいです。
いつか絶対行きますね!
ぽんぽこママ
2013/05/31 17:17
エフ・エムさんありがとうございます!
私の両祖父たちの木をこんな形で使うことを予定も予想もしていなかったのですが、結果としてこういう形にできたことは良かったと改めて感じています。
そうおっしゃっていただけてうれしいです。
変わった珍しいパン屋としてこれからも面白いことに挑戦していきます!
松の陰
2013/06/03 23:32
ポンポコママさんお久しぶりです!
ありがとうございます!
ぜひお越し下さい!
おいしいコーヒーやパンとともにお待ちしております(^^)
松の陰
2013/06/03 23:33
良い記事でした。
「店」・・・「見世棚」本来の姿ですよ。
小手先の装飾に走り、お仕着せのマニュアル応対が常識の最近の「店」より、本来売り手と買い手のコミュニケーションの場である事を実践していますよ。
朽ちて土に帰るのも運命、再生して新たな命を吹き込まれるのも運命。木々も出会う人によって次の生き方が変わります。
人も同じかと、そして「店」も。
楽しみです、ますますこれからが。
suikoushiya
2013/06/04 22:14
Suikoushiyaさんありがとうございます。
現代の市場での店舗とはこういうものだという考え方も間違いではありませんし、その方が商売として成功することも多いでしょうが、suikoushiyaさんの言われるとおりコミュニケーションの場である事の方が大事と考えていたので、そう見ていただけたのでしたら本当に嬉しいです。
またいろんなアドバイスよろしくお願いしますね!
松の陰
2013/06/11 19:33

コメントする help

ニックネーム
本 文


マイリンク集

アウビング新店舗のこだわり 松の陰から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる