松の陰から

アクセスカウンタ

zoom RSS 富士山のパワースポットめぐり

<<   作成日時 : 2014/09/08 17:14   >>

ナイス ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 2

富士山周辺を旅しにきて二日目。
富士山の眺めがいいホテルだったのですが、あいにくの雨予報のために雲がかかって富士山は拝めませんでした。
本当なら富士山のすばらしい姿が見える場所でしたが、大雨予報だったのに降らなかっただけすごくありがたいことです。
画像


それに展望のきくレストランで食事させてもらって朝から清清しい気分で一杯でした。

二日目はたくさん周る場所があるので朝食後すぐにホテルを後にして、途中に石窯パン屋さんがあるということで寄ったものの臨時休業で残念ながら訪れることはできず。次に向かったのは「富士山本宮浅間大社」。

ご神体が富士山という神社さんです。
画像


画像


境内にある特別天然記念物の湧玉池からは富士山からのきれいな水が湧き出ていました。
画像


画像


画像


画像


一日20万トンもの水が湧き出て流れていっているとのこと。
画像


静かな境内を散策し、次に向かったのは若獅子神社です。

今回の旅も車で移動したのですが、ナビも携帯も使わずに周りました。
どうして行ったかというと事前に行く予定の地域の地図を読み込んでおいて、その記憶で周っていたのですが、行ったこともない場所であっても地図、地形を覚えておくことで道を間違っても修正していくことが出来ました。

ナビなどは便利ですが、頼りすぎると覚えることができなくなったりもします。 
本当はナビの方が効率がよい場合が多いですが、一度行った場所を忘れにくくするためにも、頭の中の地図と現実の風景を一致させながら周るのが後々で旅の余韻を楽しめることがさらに出来ます。

「若獅子神社」 ここは陸軍少年戦車兵学校があった場所の一部で、現在は戦死された方などをお祀りする神社さんになっています。
自分はいつも富士山周辺へ来ると必ずお参りする場所です。

ひっそりとした神社さんですが、有志の方が激戦だったサイパンの戦場に埋もれていた「九七式中戦車」の残骸を帰還させて安置させておられます。
九七式中戦車は今となっては貴重な遺産ですし、戦争を伝え、戦場に散った英霊たちの鎮魂の戦車となっています。
画像


画像


戦死された方などを慰霊する「若獅子の塔」
画像


兵器というと毛嫌い、目くじらをたてる人もいます。 でも私は、戦死された方を戦争の悲劇や大日本帝国の戦争に巻き込まれた被害者という見方も、英雄という見方もせず、ご苦労されたことをいたわり、いろんな意味でありがとうございましたという気持ちをもってお参りするのがいいと思っています。

讃え過ぎるのも、過去を否定しすぎるのも戦死された方は喜ばれないはず。 将来に再び戦禍が起こらないようにするのは、戦争の肯定でも否定でもなく、客観的に冷静に見て過去を学ぶことだと思います。

若獅子神社さんの近くには、観光地で有名な「白糸の滝」があります。
画像


画像


以前来た時と風景が違うな〜と思っていたら、台風被害や富士山の世界遺産登録絡みの影響で滝つぼ周辺の土産物屋さん二軒が移転され、橋など遊歩道も新しくなっていたからでした。

滝の風景がきれいに見えるようになって今の方が良くなっていました。

土産物屋さんでは、ソルダムというスモモを買ったり、ラムネ味のソフトクリームを食べたり(ソフトクリームは滅多に食べないので逆に楽しみになってきました)土産物も買って、朝霧高原を走りぬけました。
画像


画像


30度以上の夏の日なのに、さすが高度も高くなっていて26度前後と涼しかったです。

河口湖周辺のスポットを周り、すごく力のある神社さんに到着。
画像


奥深く感じる鳥居を進むと、立派できれいなお社がありました。
画像


パワーがあると紹介されてから参拝客が多くなり、豪華にもなったといわれていますし、震災の影響で力がなくなったとかいろいろ言われてますが、素直な気持ちでの感想は、すごく気分が良くて居心地がすごくよかった神社さんでした。
お祓いも受けて清清しい気持ちになったのも確かです。

その奥の宮は、富士山二合目にあり、二合目まで林道を行きました。
画像


高度が上がるたびに霧が濃くなっていきました。
画像



画像


画像


奥の宮へお参りして再び戻って、北口本宮富士浅間神社さんへ。
ちょうどお祭で人も多かったです。
画像


画像


また朝霧高原へ戻って、お土産になるものを買ったり、食事して、夕方には友人と分かれてそのまま帰路へ。

翌日の早朝から再びパンを作らないといけないので急いで滋賀へ帰って、まだ真っ暗な早朝からパン作りをして石窯に火を入れパンを焼いて開店時間に間に合いました。

天然酵母の元種は、自分が不在の間に店長が変わりに起こしておいてくれたのでパンも作ることが出来、旅の余韻が冷めないままパンを作っていました。

長距離運転に、富士の周りの散策で疲れていたはずですが、たくさんのパワースポットを周ったことや、すばらしい親友と散策できたことで疲れが出ませんでした。

また近いうちにどこかに行こうと思ってます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 25
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
英気をたっぷり養うことが出来た旅でしたね!
ときどきは気分転換しながらお仕事に励んでくださいね。
メンバラ
2014/09/16 20:18
メンバラさんありがとうございます!
仕事に集中しがんばるのも大切ですが、たまには出かけてみるのも大事ですね。
今回も楽しく、英気も養うことが出来ましたので本当に良かったです。
メンバラさんも体調にはお気をつけになりながら、仕事に趣味にと頑張って下さいね。
松の陰
2014/09/23 09:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文


マイリンク集

富士山のパワースポットめぐり 松の陰から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる